Loading...

90を切るドライバーショットのコツ、方向性改善の自宅練習

ひと工夫で効果アップの自宅ドリル  

「ドライバーショットが曲がる…どこにいくか分からないから思い切って振れない。 スカッと飛ばしたいのに!」

そんな悩みを持つ方に、是非チェックして頂きたいのが、テークバックからトップにかけての右ひざ(右利きの場合)です。

右ひざの曲げ具合や膝の向きを、構えた時からトップに至るまで保つ事。これはドライバーショットの鉄則です。

o0259019413013429867


「プレー後半になると、ショットがちらばる」というプレーヤーも、上述が原因のことが多いです。「膝がわらう・・・」という表現がありますが、誰でも疲れてくると膝がグラグラしてくるのです。大切なのは、アドレスからトップにかけて右膝が少しでも動いたら「何か変!」と体が感じる事。

これくらい、体の中にしっかりと組み込まれてくると、方向性はもちろん飛距離が相当伸びます。右ひざが上半身の念転、重心移動の「貯蓄庫」の役目をしてくれるからです。

o0292017313034693983


自宅練習方法

消しゴムを使った、ちょっとした時間にできる簡単なドリルを紹介しましょう。

まず、消しゴムを右足(右利きの場合)の内側でしっかりと踏みつける。それを踏んだまま、テークバックします。ポイントは消しゴムをしっかりと踏み続け、右ひざが流れたり伸びあがったりしないこと。

結構 右足モモの筋肉がキツイです。右足内側で踏んばるキツさこそが、「貯蔵庫」の役目を果たしているということなのですね。

まずは、何度も練習をして、体に染み込ませる。

その後、練習場でクラブを持っても出来るかを確かめる。

実際にボールを目の前にしても、右ひざの緊張感が感じるかを確かめる。

最後に、ドライバーでも出来るかを確かめる。

これくらい丁寧に積み上げていかないと、コースでは再現できません。

でも一度体に染み込ませたら・・・久しぶりのゴルフでも多少のプレッシャーに動じないショットが打てます。

o0259019412991763561

 

消しゴム1つで気軽に練習できて、しかも効果は抜群です。コースで思いきりドライバーを振り抜いていけるよう、是非試してみませんか。

体験レッスンのご案内

もっとドライバーを飛はせるはず、と感じている。方向性を良くするには、どうすれば良いの?アイアンがダフってしまう…。

「なぜ」「どうして」「どうしたら」の疑問に、スポーツ科学に基づいたUS LPGAメソッドで丁寧に分析、一人ひとりの体の可動域を元に改善指導を致します。お申込みは、お問合せフォーム又はお電話でどうぞ。

ゴルフ上達に一生懸命に取り組まれていらした方に、ぜひお越し頂きたい体験レッスンです。