「グリーン近くから寄せられる気がしない。」男性K様 (ゴルフ歴13年・平均スコア82)

体験レッスン  お客様からの手紙  スイング改善事例  

レッスンリクエスト

・キャリー後のランがバラバラ。
・滑って転がり過ぎる。
・不要にスピンがかかる。
・寄せられる気がしない。

これがK様のレッスンリクエストでした。


スイング分析

K様は”こう打っていきたいという感覚”を大切になさっている点が、とても素晴らしいと思いました。

ただ、ショットのイメージがカップまで描かれていない点が勿体ないと思いました。ショットのイメージは、より具体的に描いた方が脳が体にその情報を伝えやすくなるためです。

またピッチ&ラン(半分球を上げて半分転がしたいショット)の際、球の位置が右足寄り過ぎていた点もイメージをショットに伝えづらくしていました。

指導内容

イメージをより具体的に描くために、球の高さ・球の柔らかさ、球がカップに転がっていくまでを丁寧にイメージし、そのイメージがなくなる前に打っていただくようご指導しました。

球の位置を直し、K様の長所である”肩の捻転”がスイングの中に活かされるようにしました。


球の位置を基本に戻し、イメージを具体的に描いたことで、ダウンスイングにも違いが出てきました。


取り組みの結果

「こう打っていきたい」イメージを球に伝えやすい、バランスの取れたスイングになりました。


体験レッスン後、K様からご感想をメールで頂戴しました。

ベンダーホーフ様

本日は有難うございました!! また、課題メモと動画も大変助かります!

ショートゲームは長年の悩みで苦手意識が強く、あれこれ試して練習しても上達する気配が全くなかったのですが、こんなにも分かりやすく、すぐに実に繋がるとは思いませんでした。 (びっくりです…。)

100y以下も同じく距離別の距離感を作れず、球もバラつき、グリーンに乗せるのに苦労する苦手項目の為、また次回も是非よろしくお願いします。


差し上げる課題を、毎回丁寧に取り組んで下さるK様。
後にこのようなコメントもメールで頂戴しました。

毎回レッスンを受けるたびに、鎖に繋げられている物から解放されていく感じといいますか、凄く自由になり、不思議と結果に繋がります。不思議な感じです。今回の内容も早速反復してみます!


このようにご自分が感じられたことを言葉で表現できる点も、K様の長所だと感じています。
というのも、自分がどう感じているかを言葉で表現できる事は、ラウンド中に「このライからはこのようなバランスで打ちたいと、体が伝えてきている」をしっかりと感じ取り、「それならばこのように打ってはどうだろう」と具体的に描いたイメージを体に伝えていくのに、とても大切だからです。

《上達のポイント》
「球がイメージ通り打てない。」と悩まれている方はいらっしゃいませんか。イメージ通り打てないと、ショットをコントロールしようとして体に余分な力が入り、距離感の不安定さをまねく事もあります。ご自分がショットのイメージをどこまで描いているかを確認なさって下さい。落下地点までだとイメージはそこで終わってしまいます。より具体的に丁寧にイメージする事が大切です。是非その点に注意して、取り取り組まれると良いですよ。

体験レッスンのご案内

もっとドライバーを飛はせるはず、と感じている。方向性を良くするには、どうすれば良いの?アイアンがダフってしまう…。

「なぜ」「どうして」「どうしたら」の疑問に、スポーツ科学に基づいたUS LPGAメソッドで丁寧に分析、一人ひとりの体の可動域を元に改善指導を致します。お申込みは、お問合せフォーム又はお電話でどうぞ。

ゴルフ上達に一生懸命に取り組まれていらした方に、ぜひお越し頂きたい体験レッスンです。