Loading...

スポーツ科学が明かす「頭を動かすな」の新事実って!?

スポーツ科学、スポーツ心理学から学ぶ  

パッティングをするとき、よく「頭を動かすな」と言いますね。
そのことについて最近のデータで明らかになったことをご紹介しましょう。

それは「頭を動かさないと、パフォーマンスが悪くなる」ということです。

「えっ!じゃあ、今までの‟頭を動かすな”は何だったの!? 」と戸惑いませんか。実はデータによると、アマチュアとプロでは動かし方に大きな違いがあるのだそうです。下の表をご覧下さい。

o0550015213216520353


左側のグラフが初心者、右側がプロの動きで、赤線は頭の動き、青線はパターの動きを示しています。

初心者(左)は、パターの動きと頭が同じ方向に動いていますね。それに対して上級者(右)は、頭がパターの動きと交差しています。すなわち、パターの動きと頭は反対方向に動いているのです。

上級者の動きをイラストで表すと、下図のようになります。赤線がアドレス時の頭の位置、灰色で示された頭がテークバックではターゲット方向に少し、フォローでは後方に動いているのが分かります。
動くと言っても、その量は周りが気づかないほど僅かです。この点も初心者と異なる大切なポイントです。

o0449027613216520355

上級者が頭を動かすのは、パターの動きによって軸がぐらつかないようにするためなのですね。しかもその量はほんの僅かで、軸が影響を受けるほどではありません。

「パットの時に軸がぶれる・・・」と感じられる方は、上述を参考になされてはいかがでしょうか。ストロークがしっかりとしてきますよ。

体験レッスンのご案内

もっとドライバーを飛はせるはず、と感じている。
方向性を良くするには、どうすれば良いの?
アイアンがダフってしまう…。

「なぜ」「どうして」「どうしたら」の疑問に、スポーツ科学に基づくUS LPGAメソッドで
丁寧にスイング分析、お客様の体の可動域を元に改善のご指導を致します。
お申込みは、お問合せフォームまたはお電話でどうぞ。

一生懸命に取り組まれていらした方に、ぜひお越し頂きたい体験レッスンです。