Loading...

雨天のゴルフでも安定したショットにつなげるコツ

ラウンド前夜に読みたい3つのコツ  

1雨の中でのラウンドで気になるのが「べチャッとした地面を叩いたらどうしよう。」ではないでしょうか。

雨量が多いほど地面はぬかるんでいますから、少しでもボールより手前を叩いてしまったら、飛距離大損につながりかねません。

雨の日のゴルフでもスコアをまとめる3つのコツを差し上げましょう。


(1)地面がぬかるでいる時は、グリップをいつもより3ミリほど短く握る。
これだけでダフリを相当軽減できます。短く持った分、腰を落として下さい。そうしないと、球の頭を叩いたりします。腰を落とすことで低重心でどっしりとした構えになり、しっかりとしたスイングで打てます。

(2)スイングの中心を動かさないための、コンパクトなスイング
3「コンパクトなスイングでは飛距離を損してしまうのでは・・・」と思われるかもしれません。でも雨の日にダフッたらそれこそ飛距離を大損してしまいます。
コンパクトなスイングとは、八分目ほどのスイングのことで、肩の捻転もちゃんと付けて下さい。小さなスイング=手で打つになってしまうと、スライスなどが出ますので気を付けて下さい。
雨でボールの転がりが少なくなり、またコンパクトなスイングで飛距離がいつも通り出せない分、1,2番手大きなクラブを持って 飛距離をカバーしていきましょう。


(3)雨天用のラウンド戦略を持つ
「雨の日はいつもより飛ばなくて当り前。」ここが大切です。「雨のせいで、いつも通りの飛距離が出ない」では、つい無理をしてしまいやすくなります。「今日は大雨だから、目標スコアを3つほど多くしておこう。」このような雨天時の心構え(メンタル戦略)は、18ホールを通してスコアをまとめ上げていく上で、とても大切です。

雨の日のラウンド戦略をもって、18ホールを楽しんで下さいね。

体験レッスンのご案内

もっとドライバーを飛はせるはず、と感じている。
方向性を良くするには、どうすれば良いの?
アイアンがダフってしまう…。

「なぜ」「どうして」「どうしたら」の疑問に、スポーツ科学に基づくUS LPGAメソッドで
丁寧にスイング分析、お客様の体の可動域を元に改善のご指導を致します。
お申込みは、お問合せフォームまたはお電話でどうぞ。

一生懸命に取り組まれていらした方に、ぜひお越し頂きたい体験レッスンです。