Loading...

(5)レッスン受講までに把握しておきたい”自分のゴルフ”

プロが薦めるゴルフレッスン探しのコツ  

レッスン受講までに把握しておきたい”自分のゴルフ”

せっかく受ける体験レッスン。折角ならきちんと自分のゴルフ悩みを伝えたいですね。

そのためにも、レッスン受講までに”自分のゴルフ”を把握しておきませんか。

”自分のゴルフ”とは、ゴルフを始めてからの年数、練習頻度、ラウンドで良く出るミスショット、レッスン経験、今回質問したい点などです。これらの情報を予め自分で把握しておくと、体験レッスンもとても充実したものになります。プロに対しての質問も違ってきます。その中から、自分に合ったレッスンを見つけることが出来る訳です。

私がレッスンをしていて「少なくともこの情報があると良いな」と感じる事柄を【自分のゴルフ状況分析シート】に質問形式で書いてあります。無料でダウンロードができますので、ご利用下さい。

【自分のゴルフ状況分析シート】はここをクリック

 

体験レッスンでは、このシートを元に出てきた”ご自分が今一番聞きたい事”をプロに相談してください。3つほど体験レッスンを受講される時は、同じ質問を通して其々のプロから得られるアドバイスの中から「このプロからレッスンを取りたい。」がはっきりと分かると思います。「この人!」と思うプロを見つけたら、その先生についていくことも大切ですよ。ちょっと都合の悪いことや厳しいことを言われたら、すぐ他のスクールへ移る・・・というのでは、上達はしません。上達は生徒さんとインストラクターの二人三脚です。生徒さんがこのインストラクターと一緒にやっていこうという気持ちがないと、その人の中に引き出してあげたい良い点や可能性があっても インストラクターはそこまで手をつける指導が出来なくなってしまいます。それでは、せっかくご自分に合うレッスンやインストラクターを見つけたのに、勿体ないですからね。


これまで5回にわたって解説してきました”上手なレッスンの探し方”は、いかがでしたでしょうか。
大切なのはご自身が今、どのくらいゴルフと関わりたいのか、そしてご自分のゴルフを把握することで自分の悩みに対して真摯に適切な指導をしてくれるインストラクターを見つけることです。自分のゴルフ、そこを元にする限り、必ず満足するレッスンを探すことができ、楽しみながら上達していく事ができます。
ゴルフは本当に素晴らしいスポーツですね。
これからもゴルフを益々楽しんでいかれますように…応援しています。

ヒロコ・ベンダーホーフ

 

体験レッスンのご案内

もっとドライバーを飛はせるはず、と感じている。方向性を良くするには、どうすれば良いの?アイアンがダフってしまう…。

「なぜ」「どうして」「どうしたら」の疑問に、スポーツ科学に基づいたUS LPGAメソッドで丁寧に分析、一人ひとりの体の可動域を元に改善指導を致します。お申込みは、お問合せフォーム又はお電話でどうぞ。

ゴルフ上達に一生懸命に取り組まれていらした方に、ぜひお越し頂きたい体験レッスンです。